静岡県浜松市の矯正歯科「本目矯正歯科医院」浜松市中区連尺町の歯医者

【平日・土曜】8:30~12:00/13:30~17:00 【日曜・祝祭日】休診
資料請求・矯正相談予約
土曜診療有
駐車場完備
053-452-2315診療予約・各種お問合せ
子供の矯正歯科
大人の矯正歯科
一般歯科併設

【初診受付再開のお知らせ】News

平日、月曜日~金曜日に関しまして、初診受付を再開しました。
お気軽にお問い合わせください。
土曜日に関しましては、引き続き初診の受付をお断りさせていただきます。
ご提供する医療水準の確保のため何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。
土曜日の初診受付を再開する際には、改めて告知させていただきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

本目矯正歯科医院のコンセプトConcept

きれいな歯並びと咬み合わせを良くすることで、QOLの向上に繋がります。

本目矯正歯科医院のコンセプト

きれいな歯並びは心の健康に、正しい咬み合わせは体全体の健康につながります。
悪い歯並びは見た目の問題だけではなく、成長期の子供や成人でも心の健康に大きな影響を及ぼします。また、悪い咬み合わせは、虫歯をつくりやすい、上手く咬めない、お顔のバランスが悪い、顎関節症など体全体の健康に様々な問題を引き起こします。
矯正歯科治療は、審美的・機能的な改善を目的として歯並びや咬み合わせを正しくする歯科治療です。更に現在では、最終的に口元の改善までを目的とします。
きれいな歯並びと咬み合わせを良くすることで、QOL(Quality of Life:生活の質)の向上に繋がります。整ったきれいな歯並びは自信につながり、素敵な笑顔をもたらせます。
歯並び、口元、咬み合わせ、顎関節症や顎変形症(外科矯正)など、お口に関するお悩みは多くの方がお持ちです。そして、その多くは矯正歯科治療で改善できます。

歯並びは治したいけれど、装置は目立つし時間とお金をかけてまで・・・と考えてはいませんか?
矯正歯科治療を行う本目矯正歯科医院では、豊富な実績で皆様の治療に取り組んでいます。患者さんの負担をできる限り抑えながら健康なお口を維持すること。そのためにより良い技術を取り入れた治療を提供します。
また、治療終了後も生涯の担当医として長期的なサポートをさせていただきます。

本目矯正歯科医院の5つの特徴

① 矯正歯科専門医が担当

「矯正歯科」の標榜があればどこでも同じだと思っていませんか?
現在、矯正歯科を掲げている歯科医院の数は増え続けています。
皆さんが通院できる範囲だけでも、たくさんそういった歯科医院があるのではないでしょうか?

矯正歯科は専門性の非常に高い技術に特化した分野です。矯正歯科医院選びのポイントとしては、大学病院矯正歯科での専門教育を受け、国内外での研鑽を積み、日本矯正歯科学会の審査をパスした矯正歯科専門医(認定医)が治療にあたっているかどうかです。

当院では、矯正専門医(認定医)が常時勤務しています。 矯正歯科専門医(認定医)とは「日本矯正歯科学会が一定の基準に従って審査し、その基準を満たしていると認定した矯正歯科医」をいいます。この資格は、国内で権威のある日本矯正歯科学会が認める資格の一つで「矯正専門医」として認定されたことを意味する最も重要な資格といえます。

認定医の資格は、5年以上本学会に属し、学会が認めた大学の附属病院や矯正歯科医療機関において5年以上にわたり相当の臨床経験を有し、学術誌に矯正歯科臨床に関する報告を発表し、審査に合格した者に与えられます。
更新は5年ごとに行われ、学術大会への出席や発表、および学術誌における報告を行うことが義務となっています。 矯正歯科治療を矯正歯科専門医(認定医)が行っている医院は、それだけ豊富な治療経験・実績を積んでいることの証明でもありますし、安心して治療を受けることができます。

② しっかりとしたカウンセリング

お一人おひとりに最善の治療計画を提案させていただきます。
矯正歯科に相談にみえる方は、治療法・装置・リスク・費用・治療期間・時期など、多くの不安や疑問を抱えていらっしゃいます。そのような患者さんに対し「必ず100%綺麗になります」「絶対に歯を抜かなくても大丈夫です」など、矯正治療のメリットだけを伝えて治療を進めるような医院もあるようですがそんなことは致しません。
皆様に安心して矯正治療を受けていただくために、患者さんのご希望もふまえたうえで、お一人おひとりに最善の治療計画を提案させていただきます。
当院では、「インフォームドコンセント」(患者さんが説明を受け、治療内容を理解、同意して治療を受けること)は、当たり前のことです。さらに一歩進んだ考え方として、患者さんがより納得して治療を受けられるよう、医師側がひとつの治療方法だけを提案して治療を進めるのではなく、いくつかの可能な治療方法・手段のメリット・デメリットを患者さんに提供し、患者さんが自らの意思で決定していただく「インフォームドチョイス(患者さんが複数の選択肢から、治療方針を選択すること)」を実践しています。これを可能にするには、医師も常に高いスキル・経験が必要であることは間違いありません。
最新治療法を含むあらゆる治療方法に目を通し、精通していない医師は、責任を負えないことになります。常に日々精進を心がけています。

③ 患者さんに負担の少ない治療

患者さんにとって、なるべく負担を減らすような治療方法をとるよう心掛けています。
インプラント矯正など新しい治療法や従来の矯正装置を併用することにより、治療中の痛みはかなり軽減されました。また、成人の場合なるべく矯正における永久歯(便宜抜歯)抜歯は必要最低限に抑えるよう適切な診断を行っております。

④ 様々な診断機器

院内には矯正治療のための様々な機器を完備致しております。
当院ではデジタルレントゲン規格写真を整備しております。 また、院内に技工室があり歯科技工施設が充実しています。それにより装置作製や修理対応が迅速に行えます。

⑤ 目立たない装置・見えない装置にも対応

表側でも見えにくい透明な(または白い)装置を標準で使用しています。前歯には銀色の装置は使用しておりません。そして、審美面を考慮し、一般的なシルバー色のワイヤーだけでなく、歯の色に近いゴールド系のワイヤーやホワイトコーティングワイヤーをも準備しています。それらのワイヤーは一般的なシルバー色のワイヤーに比べ、治療中の口元がはるかに明るくきれいに見えるため、目立ちにくく、患者さんに喜んでいただいております。
裏側の見えない装置(舌側矯正装置)も使用可能です。ただ、この装置はすべての患者さんに使用可能ではありませんのでご相談ください。

矯正歯科専門医、本目祥人 治療の様子 専用ソフトを使用した、わかりやすいカウンセリング 本目矯正歯科医院の待合室 デジタルレントゲン完備 歯科模型

あなたの歯並びはどのタイプですか?

タイプ①

下顎前突(げがくぜんとつ)反対咬合(
はんたいこうごう)

下顎前突(げがくぜんとつ)反対咬合(はんたいこうごう)とは上あごに比べて下あごの方が前に出ている状態を示します。一般的には顎がしゃくれている状態のことです。

詳細を見る

タイプ②

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突(げがくぜんとつ)上あごの前歯の先端部、あるいは上あごの歯全体が前に出ている状態をいいます。いわゆる出っ歯もこの上顎前突に含まれます。
 

詳細を見る

タイプ③

叢生(そうせい)

叢生(そうせい)とは、顎のスペースが足りなかったり、歯が大きいために、歯が重なって生えている状態です。乱杭歯(らんぐいば)ともいいます。犬歯が飛び出た状態の八重歯も叢生の一種です。

詳細を見る

タイプ④

開咬(かいこう)

開咬(かいこう)とは、奥歯で咬んでいる状態でも上下の前歯同士が当たらなくなるほど開いてしまっていることです。常に前歯が開いているので、前歯で食べ物をかみきれない等の症状があります。

詳細を見る

タイプ⑤

過蓋咬合(かがいこうごう)

「蓋(ふた)が過ぎる」と書いて過蓋咬合(かがいこうごう)と言います。奥歯を閉じると、前歯が深く咬み込み下の前歯がほとんど見えなくなるくらい閉じすぎになる症状です。

詳細を見る

タイプ⑥

転移歯(てんいし)

転移歯(てんいし)とは正常な位置とずれた場所に歯が生えることを指します。あごの大きさと歯の大きさのアンバランスから発生すると考えられています。
 

詳細を見る

使用している矯正装置について

お子さまのための「準備矯正」

大人の矯正治療の前に準備のための矯正治療を行います。歯の生え変わりと成長がある方(主に小学生)が対象です。低学年の方には主に床矯正装置を用いて出来るだけ歯を抜かない治療を目指します。中・高学年の方には主にバイオネーター、ヘッドギアやマウスピースなどの装置を用いて本格矯正治療の準備(歯並びの基礎作り)を行います。準備矯正を行うことで、成長を利用することが出来、大人の本格矯正で歯を抜かなくても良くなる確率が格段に高くなります。

大人になってからの「本格矯正」

「大人になってからでは遅いのでは?」と思われている方も多いかもしれません。近年の矯正装置・矯正用ワイヤーなどの発展により、大人でも十分な治療結果を得られるようになってきました。特に日本人の特性にあった矯正治療法の確立により、より一層優れた咬合の確立をお約束します。

ラビアルブラケット(表側矯正装置)エステティックブラケット(コンポジットブラケット)

歯の表側につける装置は、歯の色になじむ半透明色の装置:エステティックブラケット(コンポジットブラケット)です。歯の動きを調節するためのワイヤーは、シルバー色なので、確かに見えてしまいますが、歯に対する美意識や、エチケットのための治療ですから、いっそ”見せる矯正”をしてみるのも素敵だと思います!

メタルタイプのブラケット

欧米ではこちらの装置をつけている人も多くいます。メタル部分も従来より小さくなっています。”見せる矯正”もなかなかいいですよ!

リンガルブラケット(舌側矯正装置・裏側矯正装置)

―矯正治療はしたいけど、歯につける装置が見えてしまうのに抵抗がある―という方のための舌側装置(裏側矯正)です。通常の矯正治療ではブラケットを歯の表側に装着しますが、リンガルブラケットという特殊なブラケットを歯の舌側・裏側に用います。舌側矯正は、症例によって適用できない、治療が長期に渡るなどと言われることがあります。本目矯正歯科医院では十分な診査の上、表側からの矯正と同様の治療期間や治療結果を得る努力をしていきます。歯の表面に装置をつけることに抵抗のある方におすすめです。

ご紹介した他にも、多くの種類の装置があります。どうぞご相談ください。

明治二十二年開設の歯科医院

明治二十二年開設の歯科医院

1889年(明治22年12月)開設の126年を迎える歯科医院です
当院は先々代より数えて約120年、浜松市に根ざした歯科医院として歯科治療を続け、早くも一と四半世紀が過ぎました。おかげさまで親子三代に渡るおつきあいや、遠方よりご来医院くださる患者さまなど多くの患者さまの歯の健康をお守りさせていただいております。
Googleにて検索してみますと、日本最古の高山歯科医学院は1890年(明治23年)に高山紀齋が東京都芝区伊皿子(現港区)に高山歯科医学院創立とあります。
祖父 本目快次郎は高山歯科医学院開設前に静岡県浜松市にて歯科医院を開設しております。その後、本目快次郎は初代静岡県歯科医師会長として活躍したものと推測されます。
この一世紀の間に歯科・矯正歯科医療の技術はめまぐるしく発展し、皆様の大切な歯の治療やデンタルケアに大きく反映されるようになりました。治療技術・歯科材料・診断技術と日進月歩です。日常治療に携わると同時に研鑽を惜しまず、精進することが我々歯科医の役目だと思っております。
しかし、どのような治療法でも患者さんに納得いただけなければ真の治療ではないと考えています。当院では、まず患者さんの治療の希望を伺い、分析して患者さんと歯科医師が信頼感を構築したうえで治療計画を立て治療を進めます。少しでも不安や疑問に思うこと、ご希望があれば何でもご相談ください。
また、今後もこの地に育てられた感謝の気持ちと患者さんとのコミュニケーションを大切に、お子さまから高齢者の方々までおいしく食事が食べられ、会話が弾み、歯並びや口元の美しさに自信が持てる治療を続けて参ります。当院があなたのよきホームドクターとなれますよう。

クリニックからのお知らせ

令和元年夏季休暇のお知らせ

8/11(日)~8/18(日)は夏季休暇となります。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願……

ゴールデンウィークの診療に関しまして

4月28日(日)、29日(月)と5月2日(木)~6日(月)は休診です。 4月30日(火)5……

10/22~10/29の診療に関しまして

10/22~10/29まで、副医院長は海外出張のため不在です。ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よ……

ブログ

6月は休みがない月でした。

[caption id="attachment_380" align="alignnone" w……

診療と学び

現在、本目矯正歯科医院の副委員長は東京での、母校の兼任講師を兼ねています。 また、関東での……

本目矯正歯科医院の副院長 本目です。

2019年も年が明けてあっという間に2月となりました。年明けに少し体調を崩しましたが日常の診療……

アクセス

大きい地図をご覧になりたい方はこちら
駐車場完備 一般歯科併設
土曜診療有 専門医勤務
〒430-0939 静岡県浜松市中区連尺町314-28
053-452-2315

※土曜午後・日曜・祝日は休診です。
※土曜日午後は一般診療なし。

 
午前【08:30~12:00】
午後【13:30~17:00】